リラックスできるまつげエクステサロンとは

ネイルサロン同様、マンツーマンで施術するまつげエクステサロンでは、お客様がリラックスできる空間作りが重要となります。

施術中はお客様には目を閉じていただくとはいえ、お顔を真上から煌々と照らすわけにもいきません。

しかし、非常に細やかな作業である以上、リラックス重視の間接照明では手元に不安があります。

やはり、ある程度の明るさはキープしておきたいところです。

 

目元を触られるという事自体に緊張を覚えるお客様も少なくありません。

特にまつげエクステは初めてと言う方は、施術の間ずっとまぶたがピクピクと動いてしまってグルーを接着する際に支障が出ることも。

 

接客である程度の緊張をほぐすことはできますが、やはりまつげエクステサロン自体の居心地のよさもお客様のリピート率と密接に関与しています。

視覚と嗅覚の二点からリラックス効果を高めていきましょう。

 

まつげエクステサロンの内装は、やはり落ち着いたカラーのものが望ましいです。

派手な内装は購買意欲を高めますが、お客様のリラックスには繋がりません。

高級感があり、なおかつ落ち着いた内装でおもてなししたいものです。

 

アロマディフューザーの使用も効果的です。

リラックス効果の高いラベンダーやカモミール、オレンジなどが人気です。

しかし、香りは好みが分かれることもありますので、あまり強くない程度が良いでしょう。

 

お客様と密接して施術していく以上、リラックスしていただけるかどうかは満足度に大きく関わります。

ひざかけ、お手洗い、受付のディスプレイ…そういった細々としたものもやはり女性のお客様はしっかりと見ているのです。

 

忙しい日々の中でわざわざ予約を取り来店していただいたお客様に、ゆったりとした時間と美しいまつげエクステを楽しんでいただく事が、次回の予約に繋がります。

もし他のまつげエクステサロンと施術レベルも価格も同程度であれば、間違いなく快適に過ごせるサロンが選ばれるからです。

 

投稿日:

まつげエクステの魅力とは?

まつげエクステの一番の魅力は、やはり「ナチュラルさ」です。

つけまつげでは、華やかな反面どうしても悪目立ちしてしまいます。

すっぴんに近いような控えめのメイクでも、きっちりしたメイクでも馴染むのは、やはりまつげエクステです。

 

朝のメイクにかける時間を大幅に短縮できるのもメリットのひとつです。

マスカラでは到底だせない長さとカールは、目元の魅力を大幅にアップさせてくれます。

まつげエクステの本数を増やせば、より濃くアイライン効果も望めますし、目じりをメインに長めのものをつければ艶やかな目元を演出できます。

カールの強いものやゆるやかなもの、長さも選べるのでデザインの自由度もあります。

 

まつげエクステが流行りはじめた10年ほど前では両目あわせて50本で5千円ほどが主流でしたが、今では1万円ほどで本数無制限やリペア何回まで込みといったコースのサロンも出ています。

1万円ほどで目元の印象が大きく変わるので、アイシャドウやアイライナーをあれこれ買うよりも効果も満足度も高いのもポイントです。

 

自然な仕上がりで品がありながら、公私を問わないのもリピーターが多いゆえんです。

つけまつげでの出勤を良しとしない会社は耳にしますが、まつげエクステではまだ聞いたことがありません。

そのナチュラルさから、もしかすると自前のまつげと思われている可能性もあります。

スーツやオフィスカジュアルにも違和感なくとけこむまつげエクステは、社会人の女性に大きな支持を得ています。

 

リピーターの方で意外と多いのが50代の女性です。

自まつげが減ってきた、まぶたが垂れて重く見える、マスカラがうまく塗れなくなった等の悩みは、まつげエクステで解消できます。

中くらいの長さを本数多めにいれ、ポイントで少し長めのものをつけると、まるでプチ整形したかのように目元が明るくなります。

 

ライフスタイルや年代を問わず、ごく自然に、しかし非常に効果的に目元の印象を変えられるまつげエクステの魅力は、体験者のリピート率の高さからも伺えます。

 

投稿日:

まつげエクステの持ちは前処理がポイント

まつげエクステをつける前には、まずまつげを綺麗にしなければなりません。

目立つ埃こそなくても、意外とよごれているものです。

洗顔後の化粧水や乳液、皮脂もグルーにとっては大敵ですし、ファンデーションやアイシャドウも除去しなければなりません。

毎日きちんとクレンジングしているつもりでも、まつげの根元にウォータープルーフのマスカラが少し残ってしまっている事も多いです。

そして、そのほんの少しの汚れがまつげエクステに大きく影響するのです。

 

かといってお顔すべてのクレンジングをするわけにはいきませんので、施術前には前処理として専用のプライマーを使います。

成分はアルコール基材のものやアルコールフリーのものと様々です。

価格にも開きがありますが、まずは強力な除去力のものより低刺激のものをオススメします。

使い方は基本的に同じで、まつげの上側、下側から綿棒状のもので優しく汚れをふき取ります。

強くこすると刺激につながるのでやめてください。

コツは、すこしたっぷりめに含ませてそっと根元からなで上げること。

まつげの根元などの込み合っている部分は、特に慎重に汚れを除去してください。

目に入ってもしみにくい物も出ていますが、トラブルに繋がるので充分な注意が必要です。

 

しっかりとまつげの前処理をした場合としなかった場合では、まつげエクステの持ちに非常に大きな差が出ます。

どんなに良いグルーを使っていても、どんなにアイリストの腕が良くても、前処理が悪ければきっちりと接着はできていません。

未熟なアイリストでのトラブルで多いのは持ちの悪さが上がりますが、そこにはやはり前処理の甘さもあるといえます。

 

しっかりと前処理をした場合のまつげエクステの持ちは、倍ほど違うといっても過言ではありません。

プライマーによって、よりグルーとの接着性を高めるものも出ています。

使うグルーとの相性も含めて、いろいろ組み合わせて使うのもいいかもしれません。

前処理自体はとても地味な作業ですが、かけた手間を裏切らないだけの持ちに繋がります。

投稿日:

まつげエクステのリペアへの効果的なご案内の仕方

まつげエクステにリペアは付き物です。

まつげの寿命自体がそもそも3ヶ月程度といわれていますし、すでにある程度の長さのあるまつげに装着するのですから綺麗な期間はどうしてもそれより更に短くなります。

そこで重要なのが、「お客様にいかに納得してリペアに通っていただけるか」になります。

 

仕上がりの良さはもちろん、持ちのよさも技術者の腕や接着剤は大きく関わってきます。

だからといって綺麗な状態で何ヶ月も過ごすことは難しい以上、お客様にまめなリペアは不可欠であると最初に理解していただくのです。

 

その際に、マイナスの表現を用いてはいけません。

印象に残りやすい〆の言葉は、かならずプラスでお伝えしましょう。

「一ヶ月以内にリペアしないとまばらになってしまいます」ではなく、

「一ヶ月以内のリペアで綺麗が保ちやすいです。マスカラなら一日だけですが、まつげエクステならもっと長く可愛い目元をキープできます」といった感じです。

いかにして、お客様に「リペアに来れば綺麗を保てる」と具体的なイメージを与えられるかが重要で、それはアイリストの指名にも繋がります。

 

まつげエクステがどれくらい持つのかを具体的にお客様に質問されることも多いですが、明言は避けたほうが無難です。

なぜなら、お客様のライフスタイルによって大きく左右される部分でもあるからです。

メイクのクレンジング時は気をつけていても、お顔をタオルで拭くときについゴシゴシと目元も一緒に強く触ってしまう方は多くいます。

うつ伏せでないと寝られない方もいますし、そうなるとまつげエクステへの負担は避けられません。

持ちの期間については「ライフスタイルによって変わってきますので、次回のリペアの際に今後のリペアのペースや対策を考えていけたらと思っています。」という感じで、お客様と一緒に歩んでいく姿勢をお伝えするのもおすすめです。

 

まつげエクステは一度つけてしまえば終わりのものではありません。

だからこそ、リペアを通して信頼を築いていけますし、ご紹介に繋がったりもするのです。

投稿日:

まつげエクステでリピーターを増やすには

まつげエクステサロンの営業を安定させるには、新規のお客様の獲得はもちろんですがそれ以上に「リピーターの割合を増やすこと」がカギになってきます。

よくあるのがポイントカードです。

ポイントがたまると割引や特典があるなどしてお得感がありますが、それも過剰となると利益を削ることとなってしまいます。

 

理想的なのは、まつげエクステのケア商品を買っていただくことです。

客単価のアップにもなりますが、なによりまつげエクステの持ちがよくなります。

持ちが良くなるという事は、まつげエクステサロン自体の評価も上がるという事です。

 

しかし、新規のお客様や顧客様に対して、ケア商品をすすめるのは押し付けがましく思われるのではないか…という心配をするスタッフもいるでしょう。

でも実際は「こんな良いものがあるなんて、教えてくれてありがとう」と喜んで買ってくださるお客様も多いのです。

 

商品の紹介は、会話の中にサラリと折り込むのがオススメです。

まつげエクステの持ちが心配だというお客様がいた場合、「持ちがよくなるコーティング剤があるんですよ。仕上げに使っておきますね。お家でも使えるものなんです」とだけお伝えする程度で大丈夫です。

商品について興味を持った方であれば、更に詳しく質問をされると思います。

まずはいかに便利で簡単な商品かを説明し、金額は一番最後で大丈夫です。

質問のなかったお客様でも、実際にその商品を使うときに「先ほどのコーティング剤、いまから使いますね」とだけお伝えしましょう。

 

商品を気に入っていただければ、まつげエクステサロンへの信頼度や満足度も上がります。

ケア商品が残り少なくなればまた来店していただけますし、日常的にケアをするという意識があると更にまつげエクステの持ちは良くなります。

 

数あるまつげエクステサロンのなかでリピートしていただくには、技術や価格だけではありません。

積極的にケア商品をご案内し、より満足していただく、そして信頼していだだけるようになることが大切なのです。

投稿日:

まつげエクステデビューは、結婚式と出産前が意外と多い

フリーペーパーのクーポンがあるから…というお客様は多いですが、実は「身近な人がまつげエクステをしているのを見て、自分もやりたくなった」が本当の理由である場合がほとんどです。

それだけ、第三者から見た印象のよさがあるというわけです。

しかし、初めてのことに挑戦するには何か具体的な必要性がないと踏み切れない方もいます。

普段ほとんどメイクをしない方ならなおさらです。

そんな方のきっかけとして「自分の結婚式が控えている」や「出産が近いから、産後にすっぴんで過ごしても恥ずかしくないようにしておきたい」というのが上がります。

結婚式では華やかな衣装に対してメイクもある程度は濃くするほうがバランスが取れますが、その顔に違和感を覚えてしまう花嫁は意外と多いのです。

まつげエクステなら、華やかさとナチュラルさのいいとこ取りができます。

つけまつげとは違い、普段のメイクのお顔と極端に違うこともありません。

感動の涙を流しても、マスカラで目元が真っ黒になんて心配も不要です。

メイクを気にせず、より自然体で式を迎えられるのではないでしょうか。

 

出産を控えている方の心配のひとつに、メイクをしていない素顔で人に合うのが抵抗があるというのが上げられます。

産後はなにかと人が尋ねてくるもので、しかし自分にかける時間の余裕も気力もないのが現状です。

まつげエクステなら、そんなときでも綺麗な目元をキープできます。

写真を撮る機会も多いときですが、これなら後日写真の仕上がりにがっかりすることもありません。

 

最近では結婚式場や出産関係の雑誌でまつげエクステが紹介されていることも増えています。

普段からコスメを積極的に購入する層だけではなく、普段はあまりそういったものを手にしないからこそ特別なときにまつげエクステをしたいと思っている層もまだまだいるのです。

美容院がお客様数に対して飽和していることを考えると、まつげエクステサロンはまだまだ潜在的な需要があります。

きっかけの提示次第で、まつげエクステデビューのお客様の発掘ができるのです。

投稿日:

まつげエクステでの似合わせとは

お客様ひとりひとりの目の形が違い、ライフスタイルが違い、好みが違えば同じデザインでは通用しません。

たとえば「目がぱっちり見えるようになりたい」という要望一つ取っても、ぱっちりの度合いは様々です。

ひとりひとりのお客様への似合わせは必須となります。

 

結婚式の予定があるからしっかり華やかなぱっちりに仕上げたいのか、会社で華美なメイクがNGだからナチュラルにぱっちりしたいのか。

それとも、一重まぶたや奥二重まぶたのカバーとしてぱっちりしたいのか。

まずは詳しくカウンセリングをしなくてはなりません。

 

例えば結婚式の予定という一大イベントであれば、本数もですが一本あたりのまつげエクステは少し太めのものでカールもしっかりとしたCカールやDカール、目じりもしっかり付けて良いでしょう。

 

会社で華美なメイクがNGであれば、まず目を引きやすい目じりのカールは控えめにしたほうが無難です。

まつげエクステ自体もやや細めのものでCカールまでのカールがオススメです。

本数は多く入れても、カールのバランス次第で派手にはなりません。

その1~2割ほどをやや太めで黒目の位置を中心に入れるのも効果的です。

 

一重まぶたや奥二重まぶたの場合、単純にカールを強くしてもまぶたの重みであまりまつげエクステが効果的ではありません。

その場合はJカールやLカールといった、独特の角度のカールがオススメです。

根元の直線が長めにとってあるので、まぶたの重さや厚みにカールが邪魔をされません。

Jカールであればあまりカーブはきつくないのでナチュラルに仕上がります。

Lカールであればよりカール部分を強調できるので華やかな印象になります。

まつげエクステのJカールとLカールを組み合わせることによって、しっかりした印象の目元からナチュラルな目元までお客様の理想のスタイルを作ることができます。

 

まつげエクステの似合わせで大切なのは、お客様の目元の形状をしっかり理解すること、そして、カウンセリングでイメージをしっかり共有すること。

そしてそれに合わせたカールと太さを正確に選択していくことなのです。

 

投稿日:

まつげエクステと美容師免許

まつげエクステサロンに必ず必要なもの。

それは、美容師免許をもったアイリストです。

以前は美容師免許がなくても施術できましたが、法律改正後の現在では違法行為にあたります。

 

そして、美しい仕上がり以上に安全、安心であることが求められます。
そもそもまつげエクステに美容師免許が必須となったゆえんもそこにあります。

流行に乗り開業したまつげエクステサロンの中には、技術や衛生管理の面で充分でない店も多かったのです。

そのため、トラブルが続出してしまっていたのです。

 

持ちが極端に悪く、一週間でほとんど取れてしまう。

まつげ同士がくっついてしまって、引きつれる違和感がある。

ピンセットでまぶたの際に傷をつけられた。

グルーにアレルギー反応がでて、目が腫れあがってしまった。

不衛生な道具の使用で炎症が起きた。

…トラブルの具体例をあげればキリがありません。

 

美容師免許を取得するためには、実技テストをクリアしなければなりません。

しかし、実技のテスト自体は意外とシンプルです。

問題なのは、筆記テストと実技テストの際の消毒です。

筆記テストでは衛生管理に関する問題が多く出てきます。

紫外線消毒装置ではどれくらいの時間で消毒が完了するのか、この消毒薬の希釈率はどれくらいか…。

もちろん薬品によって希釈率は違いますし、どういった用途でどの薬品を用いるかも変わってきます。

美容師免許とは、安全に美容行為を行うための衛生管理の知識といった面を多く持っているのです。

 

まつげエクステサロンの営業において、技術面は統一されているとは言えません。

しかし、美容師免許を持っている者であれば一定の衛生管理の知識を持っています。

先にあげたトラブルの中でも、衛生管理の知識や管理が充分であれば防げたものがあります。

首から上への美容行為、しかも目元という敏感なところを触る以上、美容師免許、そして徹底した衛生管理でお客様に安心していただかなくてはなりません。

投稿日:

カラーのまつげエクステでアイシャドウ効果

まつげエクステにも様々なカラーがあるのをご存知でしょうか。

オレンジやレッド、グリーンにピンク、イエローといったカラー自体を楽しめるものから、

ブラウンやブルー、パープルといった肌なじみの良いものまで幅広いバリエーションがあります。

■通常のブラックのまつげエクステ+ブラウン

ブラック単品の使用に比べて、やわらかく明るい印象になります。

ブラウンのみの使用では自まつげとの境が分かりやすくなってしまうので、ブラックと併用で3割ほどブラウンにすると効果的です。

■通常のブラックのまつげエクステ+ブルー

ブラック単品の使用に比べて、クールなニュアンスの目元を演出できます

全体のバランスを見ながら1~2割ほどを全体的に入れると、ブルーパール系のアイシャドウをつけているような雰囲気になります。

目じりにやや多めに入れると、キャットアイのような印象に。

■通常のブラックのまつげエクステ+パープル

ブラック単品の使用に比べて、セクシーな深みが出ます。

意外と肌なじみが良いので、初めてのカラーまつげエクステにもオススメです。

全体的に片目につき10本ずつ入れるだけでも雰囲気が変わります。

もちろん目じりを中心に長めのものを数本入れても。

■通常のブラックのまつげエクステ+ワンポイントでピンクやレッド

ポップな印象になるので、若い女性がライブ等のイベント前に選ぶことが多いようです。

個性的な女性アーティストも、ワンポイントでメイクのアクセントにしています。

もちろん単色ではなく同系色のミックスも可愛いものです。

カラーのまつげエクステは好みが分かれるところでもありますが、アイシャドウを塗らなくても目元にニュアンスある彩りが出るので、一部の方に根強い人気があります。

いつもはブラック一色と言う方も、常に同じ仕上がりでは飽きが出てきますしアラばかり気になりがちになってしまいます。

たまにはカラーまつげエクステで目元に新鮮な美しさを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

投稿日: