まつげエクステの持ちは前処理がポイント

まつげエクステをつける前には、まずまつげを綺麗にしなければなりません。

目立つ埃こそなくても、意外とよごれているものです。

洗顔後の化粧水や乳液、皮脂もグルーにとっては大敵ですし、ファンデーションやアイシャドウも除去しなければなりません。

毎日きちんとクレンジングしているつもりでも、まつげの根元にウォータープルーフのマスカラが少し残ってしまっている事も多いです。

そして、そのほんの少しの汚れがまつげエクステに大きく影響するのです。

 

かといってお顔すべてのクレンジングをするわけにはいきませんので、施術前には前処理として専用のプライマーを使います。

成分はアルコール基材のものやアルコールフリーのものと様々です。

価格にも開きがありますが、まずは強力な除去力のものより低刺激のものをオススメします。

使い方は基本的に同じで、まつげの上側、下側から綿棒状のもので優しく汚れをふき取ります。

強くこすると刺激につながるのでやめてください。

コツは、すこしたっぷりめに含ませてそっと根元からなで上げること。

まつげの根元などの込み合っている部分は、特に慎重に汚れを除去してください。

目に入ってもしみにくい物も出ていますが、トラブルに繋がるので充分な注意が必要です。

 

しっかりとまつげの前処理をした場合としなかった場合では、まつげエクステの持ちに非常に大きな差が出ます。

どんなに良いグルーを使っていても、どんなにアイリストの腕が良くても、前処理が悪ければきっちりと接着はできていません。

未熟なアイリストでのトラブルで多いのは持ちの悪さが上がりますが、そこにはやはり前処理の甘さもあるといえます。

 

しっかりと前処理をした場合のまつげエクステの持ちは、倍ほど違うといっても過言ではありません。

プライマーによって、よりグルーとの接着性を高めるものも出ています。

使うグルーとの相性も含めて、いろいろ組み合わせて使うのもいいかもしれません。

前処理自体はとても地味な作業ですが、かけた手間を裏切らないだけの持ちに繋がります。

投稿日: